Onomichi LOG by Maya Matsuura

LOG something I’ve never experienced in any hotel before this. It’s a concept, and with every step I took into its cafe, gallery, and of course, the hotel room itself, I’ve totally fell in love.

see the descriptions below.

 

We woke up to this beautiful sunlight and morning tea.

部屋においてある茶器もかわいい。急須のちょっと生き物っぽいかんじ好きだな。ちなみに、この梅干し干すやつみたいな竹のテーブルはインドの手仕事。インドの竹って肉厚で丈夫だからこんな使い方もできるんですって。竹の「力強くてしなやか」なところ、私も見習いたい。

朝起きて、日の出をみて、お茶を淹れて、一息。

ちょっと早く起きればいつもできることかもしれないけれど、なかなかできないのはどうしてなんでしょうかね。

about food

LOG aspires to an attitude of “cycles” for its food, clothing, and shelter. Moreover, we visit local farms and ports with the idea of “rediscovering things from Onomichi” and use ingredients in our dishes that will change according to the seasons throughout the year.

In particular, vegetables are indispensable for LOG’s dishes. We consider each chosen ingredient to determine how best to bring out the unique flavor of that ingredient. With these ideas in mind, the menu changes gradually according to the season, and we are able to use the entire ingredient without waste.

ずっと楽しみにしていた朝ごはんは、3日目の朝に。

薄暗いダイニングは、森のような深いグリーンの壁で、庭の木々の間からかすかに朝日が差し込んで、なんとも神秘的。太陽さんさんおっはよー!ではなくて、少しずつ明るくなっていく空間に、ビジョイさんのやさしさを感じます……きっとインドの日差しはもっと強いんだろうな。

ガラスの器がキラキラして、吸い込まれそうだった。

フルーツ、野菜のマフィン、チーズ。どれもの辺りで採れたもの。みかん本当に美味しかったな。

about crafts

The book profiles 21 weavers across the globe and explores themes affecting the craft from migration and gender to new technologies.

a cover photo and photos on Karin Carlander’s page for WEAVING: CONTEMPORARY MAKERS ON THE LOOM written by Katie Treggiden and published by LUDION PUBLISHER in September 2018.

The book profiles 21 weavers across the globe and explores themes affecting the craft from migration and gender to new technologies.

ログのハイライトは、やっぱり「手仕事」。人の手で生まれるおおらかさは、機械には作れない。そのおおらかさは、完璧じゃないところに生まれる余白で、その余白に対する想像力と、やさしさ。

ビジョイさんは、腰をかけた時にちょっと沈む椅子が好みだそう。その不安定なかんじがいいって。

前に「みんげいおくむら」の奥村さんが、工業製品は時間が経つと劣化するものばかりだけど、手仕事は劣化というより、味だって言ってた。

自然塗料で塗られた外壁も、銅でできた網戸も、和紙が張られた床も壁も天井も、すべて今のままじゃない。ビジョイさんが「雨が降って、風が吹いても何も変化がないのは不自然」だって言ってたらしい。これから先、10年、20年、100年と、色も形も変わっていく。これは伝統ではなく、完全に未来だね?

だから、ずっと続いてほしいです。そしておばあちゃんになったら、ここで働きたいです。

The book profiles 21 weavers across the globe and explores themes affecting the craft from migration and gender to new technologies.

a cover photo and photos on Karin Carlander’s page for WEAVING: CONTEMPORARY MAKERS ON THE LOOM written by Katie Treggiden and published by LUDION PUBLISHER in September 2018.

about colours

The book profiles 21 weavers across the globe and explores themes affecting the craft from migration and gender to new technologies.

a cover photo and photos on Karin Carlander’s page for WEAVING: CONTEMPORARY MAKERS ON THE LOOM written by Katie Treggiden and published by LUDION PUBLISHER in September 2018.The book profiles 21 weavers across the globe and explores themes affecting the craft from migration and gender to new technologies. The book profiles 21 weavers across the globe and explores themes affecting the craft from migration and gender to new technologies.

色の見え方が違う話、おもしろい

人間の目

ミレニアルピンク

The book profiles 21 weavers across the globe and explores themes affecting the craft from migration and gender to new technologies.

a cover photo and photos on Karin Carlander’s page for WEAVING: CONTEMPORARY MAKERS ON THE LOOM written by Katie Treggiden and published by LUDION PUBLISHER in September 2018.The book profiles 21 weavers across the globe and explores themes affecting the craft from migration and gender to new technologies.

a cover photo and photos on Karin Carlander’s page for WEAVING: CONTEMPORARY MAKERS ON THE LOOM written by Katie Treggiden and published by LUDION PUBLISHER in September 2018.

see you on the beach by Maya Matsuura

“Tomorrow 6am, See you at the beach“

These crazy spontaneous friends texted me on the new year’s eve. They took a 2 hour drive all the way from Tokyo to my hometown Kujukuri beach, to catch the very first sunrise. Love them.

Excited to see where 2019 will take me and to spend even more time with all the fantastic people in my life. Happy new year all!

Christmas dinner by Maya Matsuura

a cover photo and photos on Karin Carlander’s page for WEAVING: CONTEMPORARY MAKERS ON THE LOOM written by Katie Treggiden and published by LUDION PUBLISHER in September 2018. The book profiles 21 weavers across the globe and explores themes affecting the craft from migration and gender to new technologies. The book launch was held at Tate Modern on 18th October 2018.

mayu's kitchen by Maya Matsuura

London day 02.

The following is placeholder text known as “lorem ipsum,” which is scrambled Latin used by designers to mimic real copy. Maecenas non leo laoreet, condimentum lorem nec, vulputate massa. Donec ac fringilla turpis.

The following is placeholder text known as “lorem ipsum,” which is scrambled Latin used by designers to mimic real copy. Maecenas non leo laoreet, condimentum lorem nec, vulputate massa. Donec ac fringilla turpis.

The following is placeholder text known as “lorem ipsum,” which is scrambled Latin used by designers to mimic real copy. Maecenas non leo laoreet, condimentum lorem nec, vulputate massa. Donec ac fringilla turpis.

ロンドン2日目。大学からの友人のまゆが夜ごはんを作ってくれた。グリーンの髪をきゅっと小さく束ねて、ごちそうが次々と完成。「あ、そうだ。昨日作ったカレーもたべてねー」ともう一皿追加。

あっというまに、部屋のデスクが食卓に。「最近ね、肉のスライサーを買ったんよ。こっちは薄切り肉とかないからね」ロンドンで4年。まゆ、たくましくなったな。

キッチンのふたりの会話がなんかよかったな。

食材の色。

「最近ノーマめざしてるから」と、盛り付けにも気合いがはいってる。インスタにアップして、ノーマにチェックインしておこうかな。見た目だけじゃなく、本当にうまい。

Abney park in London by Maya Matsuura

a cover photo and photos on Karin Carlander’s page for WEAVING: CONTEMPORARY MAKERS ON THE LOOM written by Katie Treggiden and published by LUDION PUBLISHER in September 2018. The book profiles 21 weavers across the globe and explores themes affecting the craft from migration and gender to new technologies. The book launch was held at Tate Modern on 18th October 2018.

私がロンドンにいることを知って、はるばるダブリンからRachelが会いに来てくれた。お隣アイルランドなので、はるばるってほど遠くないんだけどね。

Rachelとの出会いは、大学4年の夏に行ったCSMのshort course。同じ写真の授業をとっていて、寮も一緒だったからすぐに仲良くなった。毎朝、寮の最寄駅のOld streetから、学校のあるKings Crossまで、一緒に通ってたんだけど、Rachelはとにかく朝からハイパー元気で、早口な上に、アイルランド訛りが強すぎて、頭がスローな朝は特に何言ってるかさっぱりだった(笑)

週末は、同じ授業の友人たちと公園で暗くなるまでよく撮影してたんだけど、一度だけ夢中になりすぎて、閉園時間に気がつかず閉じ込められたことがあったな。どうしたかあんまり覚えてないのだけど、たしか柵をよじ登った気がする。

そんなRachelと4年ぶりのロンドン。よく遊んでいたShoreditch(当時は、Ace Hotelもオープンしたばかりでヒップなエリアだった、はず)は、ちょっと悲しい感じになってたので、今回はそのもう少し上の、Dalston〜Stoke Newingtonあたりをふらふら。前日に訪れてすっかり虜になってしまったAbney Parkを再訪。本当に、「ここはロンドンですか?」というほど、静かで、人けがない。雨上がりでしっとりしていた昨日のとはまた違った姿で、すっかり吸い込まれてしまった。そしてまた、閉じ込められるところだった……笑

Rachelは、あいかわらず愉快で、早口で私に話しかけてきて、あ〜変わらないな〜ってなんだか嬉しくなった。

といっても、一昨年は、バルセロナを一緒に旅して、去年は日本にも来てくれたのでね。一緒に過ごしたのはたった2週間のはずなのに、昔からの友人な気がしてしまうのは、なんでだろう。

来年は、コペンハーゲンで会おうって言ってる。